その気持ちは色あせては居ない



…モロに自分映ってるけど、気にせんでくだしあ(汗
どうも、今朝仕事行く前に巨大不明生物光学記録媒体を受け取り、何時もより1日を長く感じた日を過ごしてました、五条です

遂に、ついに、この日が来てしまったのだよ!!
巨大不明生物光学記録媒体こと、シン・ゴジラ無事、Get出来ました!!!

本当、受け取った勢いで観たかったけど仕事だったから気持ち抑えつつもどこかでソワソワしながら過ごしてました(汗)

仕事も終わり、ご飯と風呂を済ませいざ観たら……もう、改めて観てもスゴい作品でした。


自分の持つ限りのゴジラさん達のフィギュアを集め、このような体制で観てました。

んでもって、自分はどういう風に購入したかと言えば……
shin02
DVD(2枚組)はゴジラ・ストア、別の所でBD(3枚組)を購入した次第であります

いままで、同じ作品を同時に買う事が無かったので、今回相当な所に突っ込んだような気がしてならない。けど、好きなんだもん!

ゴジラ・ストアは限定特典でもある、アクリルスタンディフィギュアが付いて来るのですが…何処に飾ろうか、現在目下検討中です。というより、DVDやBDよりアクリルスタンディの箱がデカい事に最初観てビビりました(ホントの話



言いたい事は沢山あるのですが、総まとめすると……

シン・ゴジラ……初めて観に行った時の驚き、2回目の4DXで観に行った時の興奮、3回目の全国一斉発声可能上映で観に行った時の感動……全部、思い出しながら観てた。そして、この日をどれだけ待った事か…長いようで短かった、けど、本当、ありがとうございました。感謝の気持ちで一杯です。

コレに尽きます。
3回目を観に行ったのが9月、そう考えると本編を観るのは実に半年振りという事になるのですが、内容はキチンと覚えてました。んまぁ、3回も観たら忘れようにも忘れられぬのですが、本当、最初から最後まで(久々に観るというのに)興奮しっぱなしでした。

次観る時は、ジ・アートオブについてきた台本と読み&観ながらしてみようかなと思います
それと、特典も観なくちゃネ



以上
スポンサーサイト

今更何を言っている

自分、基本的に絵を描いても大半(というかそもそも)が創作野郎だな――と何度も言ってる気がしてならないよ、どうも五条です。

本当、メインアカで絵上げるより創作アカで絵上げてる方が多いだものサ!



私的、怖いのを目指した結果です(汗
彼は創作ッ子の一人で、前にこういう絵を描いた事もあります↓↓



双方、目指す方向としては「なんか怖い感じで描きたかった」コレに尽きます
自分の中で彼はこういう感じに描きたいんですよね(これからも精進しまするヨ!


以上

自分の居場所



どうも、『この世界の片隅に』を、観てきました五条です。

地元から1番近い映画館で今年の初めから上映してるのは知ってたのですが、行ける機会が中々無くて……遂に、今日観て来ました。

感想を言うならコレです↓↓


私自身、映画館で映画を観てここまで泣いたのは、『ハルのふえ』以来で…本当、泣きました


観終えた後も、内容を思い出してはまた泣いて……本当、私的「観れて良かったと思う作品」ですね



以上

超・近状報告書 本当にホント



何を…て『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』を見て来ました!どうも、五条です

最後に映画館でドラえもんを見たのは秘密道具博物館以来なので、5年振りという事になりますね。作品はすんごい面白かったです、特に釘宮さん演じるカーラちゃんが可愛いすぎてたまらんかったです((´∀`))

来年の映画が今から楽しみで仕方がないです(自分の検討違いでなければの話ですが(汗

-------------



そして、出かけ先でちびっとシン・ゴジラ回して、見事コンプしたました(1種カブりましたが、そこは気にするな!)
今現在において、蒲田君の造形物はコレしかGet出来てないのですが、ともかくコンプ出来てよかったなぁ=と一人思う訳でな
だが、今月中旬にHGシリーズ第2弾も控えてるので100エン玉を用意をせねばならないのだよ!!

そして、仕舞いにはこのような写真を撮るというネ↓↓

1coma
シンさん「今日は忙しいから、初代さんの所に今から行くよ」
蒲田君達「ハーイ」

2coma
シンさん「今日はよろしくお願いします」
初代さん「あぁ」
蒲田君達「ワー!初代さんだー!」「大きいねー!」

3coma
初代さん「よっこらせっと」
蒲田君達「ワー、高いたかーい!」   end.

大体こんな感じかな~と思いながら撮影してました

ちなみに言うと、シンさんは造形物的にはHGシリーズとマスコットボールペンとボトルキャップ(ゴジラストアオープン時の購入記念に頂いたモノ)のみでし

本編からはかなり程遠い位のほのぼのすぎる感じですが、私自身は気に入ってます(ハイ



以上

語りの創作



創作というか、お話というのを意識して書き始めた作品の一つですね
作品そのものは1番最初に書いた時に最後まで書き上げたのですが、後で読んだら気になる所もあるわ追加してみたい事柄等、色々思う所アリな部分が出て来てな…、自分の中では「終わってるようで終わってない作品」の一つでもあります(汗



ちなみに、各キャラ名はコチラです↑↑
主人公はちひろ、魔法のようなモノを使う人ことフローリーとセルク、シチリアスはもう一つある街の長、悪い事が起きている中で一人何かを企んでいるのがシトラギス、そして、街の何処かに幽閉され昏々と眠り続けるフランジア…。メインで言うとこのメンバーですが、他にも出てきます(ハイ


この作品自体は学生時代に考えてるので、お話は何で書いてたのかと言うと…
1g2w_1 1g2w_2
原稿用紙です(この時点で既に絵を描いてるけどな…!(汗)
ちなみに、この当時のタイトルは「フローリーと一人の少女」で、この原稿自体は第2稿で初稿のは行方不明に…(汗

この作品から世界観についてぼや~っと考えていました、この当時は「水の都っぽい、洋風な所かな」んて考えてた気がする…。多分、魔法とか使う話だからそう言う風に考えてたんだなと思う。

今だと、舞台は「壱ノ笠」で魔法とよく似た力を使う「能力者」が居て、ちひろが居るのは一般者が住む「壱ノ笠」で能力者が住む「壱ノ笠」とよく似た場所も存在する――これをどう生かすのか、そして、原稿を何処まで行かす事が出来るのか。
自分自身、何処まで出来るかは解りませんが、やれたらなと思います(ハイ


以上
プロフィール

五条 月斗

Author:五条 月斗
何事も初めが肝心なので、ご挨拶を申し上げます。
はじめましての方は「はじめまして」、少しでも知っている方は「こんにちわ&こんばんわ」五条 月斗(Gojyou Tsukito)と申します。

絵を描いていたり好きな事を細々と書いてるブログです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
新着投稿
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR